カテゴリー「小話(遊び)」の7件の記事

3月度誕生会

M月度誕生会は、3回目。いわば、恒例と化しているが、今回みたいにメンツが揃ったのは久し振りのことで、オモロい人たちと楽しい会となる。アー開催してよかった。

今回は私にとってのコマが全員ゲストに回ってしまったため、この日々のスケジュールの中で、幹事として、マメ子としてちくちくと準備を進めるのは、若干のストイックさを感じずには居られなかった。が、ゲストもホストも「久し振りに楽しかった」「久し振りに大笑いした」と言っていた、アーほんとに開催してよかった(2)。

今回のキーワード。マユゲ会と草食動物。

マユゲ会。眉毛単体の存在感がもう一つの生き物である、濃トリオのことを言う。少しずれるけど、「分科会」この単語は音の響きだけですでに面白さを含んでいる不思議キーワードだと思う。たとえば、

わかりました!その議論については、次回の眉毛分科会で!

↑よく分からないがオモロい。

次に草食動物。肉食(最近は3キロ太ったので肉団子になりつつあるが)の私にとって、とてもじゃないけど、理解できない生物だ。生きる気力の欠落を常備しつつも、色つやがないわけでもなく、健康的で爽やかで中世的でマイナスイオンなイキモノ。忘れてはいけないのが草食でも肉食でもないタイプ・・・奴らを「雑食」と命名した。

頭が良い(=強い)人といると、刺激になる。これはお決まりだろう。
(頭が)弱い人は、得てしてこのような「学びある宴」に参加しない。これまたお決まりなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またこのメンツで

ものすごく盛り上がる訳でもないし、ものすごく帰りたくない訳でもない。帰るのが面倒なのか、「帰る」と口火を切る担当が私なのか、単にルーズでぼーーっと時間が過ぎ、気付いたら電車がなくなってるあいつのせいかは分からないが、このメンツはオールになる。たぶん、マッタリメンツなのだろうね。

いつも思うのだが新宿にはお洒落で落ち着くカフェのようなものが本当にない。今日はレトロなアノ喫茶店で過ごし、終盤に「お腹空きましたね、ファミレス探します?あ、クオーターパウンダ行きますか?」Mr.末っ子は言い、ファミレスが閉まっててマックに行く(新宿中心には24Hのファミレスも希少な気がする・・・)。

「家族連れのため週末は禁煙です」。店員に言われ、過半数の愛煙家は、順々に「誰もいないのね」と言い、表情あらわにイラッとしたが、すぐに忘れた。バイバイからの後日、どうなっているかをろくにシェアしないのに、また皆集まってくれるのだろうから、各々嫌いではない会だと思う

Mr.末っ子はファッションセンスが良い。今日のポイントは、2枚巻きのマフラー?1本はピンクで、上手に小物を使っていた。女子がキャと思うツボって知ってるのか?もしくは君自身が女子なのか・・・ステキ男子スタイルで、彼を見た女子は、いつも彼がどんな服を着てくるのかちょっと楽しみになる。それなのに奴は女に興味がない。世に損害を与えてしまうようなステキ男子なんだけどね。ちなみに、彼は仕事のセンスがあり、単に女に興味が「今ない」だけで、やっぱり男なんだなと仕事の進め方に垣間見ることがある。やはり洋服のセンス=仕事のセンスに通ずるような気がしてならない・・・。

ところで、
ものすごく細い男ってどうなんでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漫喫に感動

友達との近況アップデートランチをバイバイする頃には、焼き肉で満たされた食欲と気の置けない関係からのガス抜きにより、心身ともに満たされる。今日は更に満たされることになるのだ・・・突如漫喫に行くことになった(念願の)。漫喫の前に、大好きなチャーハンを食べたし、アー今日はいい日だよ、ほんとに。

なにこれー!!!

キレイ・キレイ・キレイ。こりゃあまずいね(ハマるね)と言いつつ、個室(むしろ小部屋?鳥の巣?)にいざなわれる。私は、ずぇーーーったいに読みたかった、はい、そうです、「カンナさん大成功です!」。また彼を思い出した、あー、寡黙クールで、歯を見せない微笑み男は光るよな。

カンナさん大成功です! (1) (講談社コミックスキス (138巻)) Book カンナさん大成功です! (1) (講談社コミックスキス (138巻))

著者:鈴木 由美子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっぱり一途なオンナに惹かれる今日この頃。

え?

隣に座る、Miss恋愛っ子を見ると、私の三倍速で読破している。若さか?気合か?いや、単に慣れているのだろう・・・それにしても速い。

負けず嫌いなわけではないけれど、速読訓練再開するかな。その前に、日経新聞再開か。テレビを見る間なんてない、そして、Netでニュースを読む時間もない、ランチはランチでコミュニケーション向上にいそしむ、という仕事外の仕事内のタスクがあるしなー。

日に日に、時代遅れな・我流スウィング仕事になってそうだよ。あー怖い。
やばい、言い訳してると、フケる。にしても忙しさを理由にするのは、すでにその行為が怠慢だよな。

自分にエイエイオー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

街へいこうよ どうぶつの森

ぶつ森復活!

ぶつ森仲間の皆様がたは、やはりDSなんでしょうか?と言っても、WiiDSもOKらしいよ?これから始める人はもちろん、やります!、と手を挙げてくださいね。ともだちは多い方が楽しいものですから。やっぱり、Wii苦手、だってスティックがうまく使えないんだもの・・・ こういうニブい大人多いと思う、手軽なDSタッチってよくできてる、と思う

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品) Video Games 街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)

販売元:任天堂
発売日:2008/11/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

電車で、横の人が寝てて肩に頭を乗せてくる、という事件は、電車通勤人には軽く想像が付くでしょ、ある日の帰宅電車の中で、こんなシーンを目撃しました。

DS中の女(の子)。隣は今か今かと迫り揺れる舟こぎ男。このポジ最悪だよ、ゲ顔のDS女。そして、寄りかかる寸前!!!・・・なんとDS女は、彼の頭をズンと押して元の位置に戻していた。タッチペンで。そこにTVCMのようなキュートさはみじんもなく、強烈な瞬間を見ちゃった感じ。

そりゃないだろ・・・もしかして若干イタイ?と思う私とは裏腹、舟こぎ爆睡男は元の位置に据え、すやすやと幸せそうな表情の爆睡を継続。その後の2人。次の駅で一緒に降りたけど、あの形相で連れだったら、怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修善寺温泉に来ています。-2

2日目は、打って変って良い天気

虹の郷。いやー、ほんとに良い意味の本当に期待外れ。ココ、ナイススポットです。思えばちゃんと「紅葉狩り」したのは初かもしれない。

紅葉、紅葉、紅葉。何種類かの紅葉・・4種類って言ってたかなあぁ・・・雨上がりの紅葉は本当にキレイなんですね、思わず感動の舞。

200811251215000

伊豆修善寺 虹の郷(にじのさと)

紅葉以外にも四季それぞれの自然が味わえる公園でした。バラもありました。日本庭園もあるし、ぜひ行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修善寺温泉に来ています。

修善寺温泉に来ています。
# 写真upしました、イメージしてみてくださいね。

既に二種類風呂に入りました。お風呂は内風呂男女1ずつ、露天男女1ずつ、貸切内風呂2つ、貸切露天2つです。たくさんあるでしょ?湯温は適温でした。源泉は60度くらいだそうですが、入った感じだと、40度くらいかなlぁ。

Uchiburo_3 ←内風呂。

伊豆三昧・お食事のイメージです。

200811242007000_3 200811242015000_2200811242023000_2 200811242030000_2 200811242043000_2 200811242046000_2 200811242106000_2

天気は…大雨です↓。でも、私はざぁざぁもしとしとも雨降りは嫌いではなくて、癒されるんですよね。回廊の椅子に座って下に流れる川を見ていると、時の流れを忘れてしまいます。珈琲豆を挽いて、おいしい水で入れて来て、そして香りに満たされる。あー、幸せなもの思いにふけってしまいます。

Rouka_2

学校みたいな廊下。懐かしい感じ。

Rouka2_2

私のお部屋は、蔵をアレンジした離れのメゾネットタイプで、広いしとってもステキなお部屋でした。内風呂だったので、お部屋の露天にも入りました。

Kura_2

泊まったところ。
修善寺温泉 湯回廊 菊屋

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラストよもやま会

最近調子が良くないので、ハイテンションで行ける自信もなく・・・と思っていたら、
お友達Managerが22時に「先行くよ」と誘いに来たので、止む無く参加。

もう終わりかけの飲み会に参加すること、

もう行っても仕方ないな(時間ないから) とか
反ってヒンシュクになるだろうか とか

結構迷うんですよね。
でもあれこれ迷う間があれば行った方が早いので私は行ってしまいます。

参加している側から見ると、遅ればせでも、来てくれると
チョイ雰囲気変わって盛り上がるから、来てくれて良かったと駆けつけに感謝しますよね。

お友達Managerは来月別の事業所に異動で、今日はラストのよもやま会になったかも。
日ごろ頻繁にやり取りするわけでもなく、
仕事上の利害関係もないのだけど、何か淋しいなぁ。

ま、またやれば良いのですけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)