« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の16件の記事

20世紀少年<第2章> 最後の希望

リリースされたぞ、第2章テレビで1章をやってたらしいですね。帰り道にKタイで見ようと思ったけど、帰り電車の時間には既に放映時間が終わっていた(ガン)

で、待ち切れるわけなどなく、1章友をおいてけぼりで観る

1章のがガキ時代がクローズアップされていて好きだったなー私。2は3につなぐって感じ?DVDで十分かも。ヨシツネとユキジ・・・15年でそんな老けないだろう・・・3章はどうなっちゃうんだろうか、ユキジメイク。ケンヂはちょろんと出てきたよ。

・・・にしても。ともだち のモゴモゴした声がキモいw

≪公開時のコピー≫
さあ、みんな
“つづき”を
始めよう──。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーナスで自分にご褒美(2)

先輩から、絶対気に入るはず!と紹介されたアクセ presented by Dior.

見に行ってみると、、、ヤバいほんとに欲しい。そして1週間のお取り置きをお願いする小心者・・・1週間=もちろん、買うか買うまいか検討期間。

1週間後。

はい、ゲトしました

お友達リョクを利用して、ディスカウントゲト。

自分にご褒美サイコう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロンに行く。

今日はFWPだったので、早上がり可能。ヘアサロンへ。

このところは、ずっと伸ばしてるからすくのがメインだけど、やはりサッパリ。髪をアレンジすると少しだけテンションが上がる↑ 

草食的な人 が話題になる中の私。口から血が出ている肉食的な人、と言われるが納得。帰り道にハンバーグ!オイシイ・・・牛肉大好きmax

明日も頑張るぞぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

タイタニックペア。でもタイタニックのロマンティックとはちと違う。2人とも演技派だから、いちいちアツいwww。ともあれ苦悩の伝動が私には重かった。

≪公開時のコピー≫
それは──誰もが逃れられない<運命の愛>
あなたの最愛のひとは
あなたを愛していますか──。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーナスで自分にご褒美(1)

デスクファンをゲト!

Fan_00s

あちぃんだよ、オフィス。みなさんはどうですか?でも、デスクに家電置くのってアウトだよね。ボスに「何それ?」と言われるのを恐れる小心者の私は未だ未開封で足元に置いたまま(^皿^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温度をデジタル化

年相応にプレゼントをもらってきて・・・たぶん・・・見栄張らせて・・・、プレゼントは額ではなくて、エピソードというか詰まった気持ちだな、と思う。どうでしょうか・・・?

一生一緒に居たいプレゼント。=カセットテープs。私がイギリスにちょいと行っていた頃のエピソードなんですが、成田でプレゼントされたテープには、彼からのメッセージ(声)が吹き込んでありました。スキスキスキスキって入ってるのかなって思いますよね、ちょっとキモい感じするでしょ?でもそうじゃないんですよ、日常の彼の雰囲気と温度がそのまま、正に「吹き込まれている」って感じで、暖かいんです、とてもホットな気持ちになるの。イギリスで淋しい時に何度も聞いたなー。そして、余計にホームシックになったりもしてねその後も、彼からは気付いたら結構何本ももらっていて、ほんとなっつかしいなーて感じです。

その後の人生のプレゼントと比較してみても、あの頃の学生ならでは、多分一般的には貧乏プレゼントたち。どんな素敵で高額なプレゼントをもらったとしても、それらを超えることってないんです。お金をかけるのは比較的簡単で分かりやすいアプローチ、ただ、分かりにくく、相手が感動したり、喜ぶかなと考えたりとか気持ちが加わる時間がかかるからこそ、想いの重さは侮れない。私もプレゼントの度にちょっとサプライズをいれた工夫の力を抜きたくないわ、とキアイが入ります。

ふと気付いたのです、一生一緒に居たくとも、カセットテープでは消耗が…未来に持っていけませぬ、と。デジタル化したくて、友達にも話したら、どうやらどうしてもカセットデッキが要るみたい。つーことで、Go BIC。友達が「どうせなら」と、店の隅の方にひっそり並ぶ中でも、えぇぇてくらい高級デッキを薦めたが、「良いの!チビで」と最小サイズ&機能のをゲト。

えー、実は、本日現在もまだまったく手を付けておりません(アナログのまま)。何だかドキドキするのだよ(*/ω\*)。ボチボチやる予定。

MP3プレイヤーや携帯で音楽と共にする今日この頃、家でデッキで音を聞くってなくなったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SATC続編?!

昨日DVD来て、                           

このタイミングで続編のNEWSとはね。

リンク: 『セックス・アンド・ザ・シティ』続編、サラ、キム、シンシア、クリスティンの4人が出演承諾 - シネマトゥデイ.

2010年に公開だったら嬉しいなー楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イケメンチルドレンと夕飯

うちのチームは、プチイケメンリードによって構成されている。つまり私はかなり幸せ者だ。イケメン2号と私はご近所なので、帰り道の残り少ない時間での寄り道の場合も、せこせこと終電を気にすることなく気楽に過ごせるのもまたイイ。

彼は若造。今まであった若手の中でも、秀でて仕事、特に報告やコミュニケーションのセンスが良い。先週くらいからぐんと彼と接する機会が増えた。内心はどうでもいいかなと思っていたのとは裏腹に「こいつやるな」と光る瞬間があって、今ではダークホース的な存在として注目中。

デキるの中には、知識的スキルとソフトスキルがある。それにセンスが加わると思う。たとえばものすごく優秀でもガが強いと浮いてしまうし、逆に知識や経験がその職場で浅くてもソフトスキルや相手の(成果の)好みを上手に聞きとって吸収できる人は強い。伝え方、アプローチにもセンスの光どころが潜んでいる。

そう言えば、ひざまくら耳かきっていうサービスがあるらしく、「行ってみようと思うんですよ」と興味を示していた。彼は草食動物的な人なので意外だったが、「行ってみてレポートしてね」と返した。

ダークホースのセンスの良いレポートを楽しみに待つ私

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よもやま会に行く

営業の人達を誘って良かった。だって、楽しいんだもの。

私はSEとかBackOfficeとか、いわゆるデスク男より、どちらかと言うと、外回りサボリ組・でもノルマなら売ってやるけど?的な、自由で勝手なのにさりげなく人一倍働いている、そんな仕事スタイルの人が好きだ。理由は・・・体力系スキてこともあるけど、何より、人との接点が多く、コミュニケーション上手で、視野が広くなるチャンスをたくさん持っているような気がするからだ。

今のオフィスから別のロケーションに間もなく移転するので、それを名目に集まっているわけだが、この脈略も何もない何となくつながりのメンツでいかに楽しめるかを見ていると、ちょっとした瞬間に へぇ とその人となりが分かってしまうことがある。それもまたオモロいのだ。

帰り道に一緒コースの人がいたの。タクシー代プチ得しちゃった

| | コメント (3) | トラックバック (0)

厄介な王子様

王子様はいつも面倒くさい存在だ。
本人には大事なポイントなんだ、と何となく分かる。ただ・・・皆(組織)にとって「今それは今いいとして…」とか「えぇぇ、そこ(にこだわる)?」なのだ。KY的なのが延々とオチなく、正に「訴え」て感じで、こちらへ一歩も歩みよらない。歩み寄らないのは仕方ない。王子様なのだから。組織に順応しないタイプの寿命・・・「お互い合わない」という建前の理由を付けたThe endまで、恐らく長くはない。

常識の基準について考えた。
自分の常識は皆や組織の常識とは違う。かといって、自分の常識は上手く伝われば時に斬新な意見ともなりえる。The「違いは間違いではない」だね。

デキるリーマンのスキル、一つに順応性?適応力の裏に自我を上手に隠すことだろうか。押しの強さは要らないのかも。言葉は大事と思うけど、言葉の量と説得力は違う。言葉にならない存在感とか信頼感とか?

王子様は悪者ではない.。悪いところより良いところの方が多い。でも、正しさを求めている割に正義の味方でもない。上手に彼と彼の周りの人間関係を動かすところに、私のコミュニケーション能力がかわれるのか。

ところで自分は・・・上手く順応できてるのか…頑固者ではないかなぁ…つい振り返ってしまう。

ぁぁぁあ王子様。
仕事版キラキラを見たい。でも、無理に変わってほしくもない。これは恋心入り仕事?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トムヤンクンとカレー

タイ料理はそんなに好きではないが、酸っぱいのと辛いのが突然恋しくなったので、今日のお店は勝手にタイ料理をチョイスして予約までする暴走ぶり、というか、今日はプチ興奮な私。トムヤンクン(魚)は魚がちょい生臭くて・・・と引っかかったが、辛さ勝負で勝った グリーン<レッド は大正解

携帯電話の使い方の話を聞いていたら、何だか、うむ、と考えてしまった。

・着信しない電話を何分間隔でかけるか?何回かけるか?
・着信しない電話と電話の間にメールを書くのはどうか?
・件名や文章が疑問形、かつ、「・・・」で終わるとか、疑問のはてなマークのあとに○を付ける 「?。」ってどうか?

スキとキライ 嬉しいとキモい ラブラブとウザい はいつも微妙なラインで戦っている、が私の結論。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分に都合のイイ女?

都会の女は厄介だ、自分だけの楽しみを持ってるから。やっぱり俺は彼女が自分以外に楽しみを持ってると何か気に入らないんだよな

というイイ男。

・・・の割に一人の時間を楽しめる女が好きじゃない?

とフツー女の私はいう。

一人の時間を楽しめる女は、男の一人の時間を担保する。自分が入らない相手の予定に関して、「その予定何とかして」なんてもめたりしない点では、自分(男)に都合のイイ女なはず。

私は一人の時間が楽しいが、同時に男を幼児化させるタイプだから、頃合い良く恋愛に作用してない。面倒臭さに負け簡単に譲るし、さり気なくペースを合わせてしまい、そして何かトラブって来たら、それは私の手落ちを疑って直ぐに妥協する。いや、これもトラブルの長期化を単に面倒と思うから?それって、自分(男)に都合のイイ女?もしくは、自分(私)に都合のイイ女?

古代彼達は口揃えに「miwaはイイ女だと思う」と時既に遅しでいう。今気付くな。いや、今気付いた風に、「あの頃の俺は幼く、そして甘えてました」と告白しないように。あー無責任な男たち。まぁそういう私も無責任で気楽な独身の一人で自分(私)に都合のイイ女に違いないんだけどね。

恋愛のアンバランスとペースを乱されることを楽しめるのは恋上手な証拠。そして同時に人間関係上手でもある。仕事のパートナーの配慮なしの甘えでさえ、ふぅーな私が、 男の厄介なワガママを許す → その甘えが嬉しい♪ に自動変換できる時が来るのだろうか。・・・やば。面倒臭い、は恋愛を遠ざける?でも私は一人の時間がないと腐る。自己愛か孤独感、究極の選択…選ぶならオトナガイ的に両方手に入れても平気だわ。たぶん。

本来イイ女になるチャンスをゲトできず、振り返れば女神様になるのはなぜ?どこで歯車が狂って、KY的過去歴イイ女に転落し、自分(男と私)に都合のイイ"つもり"のイタイ女じゃないのか。いやいや目覚めよ、自分。目指せ現役イイ女っ。

P.S 嗚呼、私の王子様ぁぁぁあそんなにカッコイイのに仕事で出血多量にイタイ。一日も早くハートに響く"仕事"を見たい…と(←これ満月か?)に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版 カンナさん大成功です!

私ラッキー。

3人(山田優、静ちゃんと、中別府葵)が舞台挨拶に来たのです。しかもこの恰好で↓↓↓

Kanna

やばい、山田優あしながっ。二の腕は鍛えてる感じに締まってるし。(横を3人が通って出入りをしたので、ガン見しましたw)中別府葵・・・10代?まぢか・・。やっぱモデルなんだよね、意外とオーラゼロの優ちゃん、でもイイ子そうでした。静ちゃんは、テレビのまんま、モッタリしてるね。

みなさまぁあぁ~♪と呼び、カンナ的にプリプリ歩きを真似るか・・・。

姿かたちが美しいこともキーだけど、まっすぐ前を向いて姿勢良く歩むって大事だよね。

≪公開時のコピー≫整形美人で何が悪い!?

リンク: 映画『劇場版 カンナさん大成功です!』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キアイの欠落

起きてる時は元気。でも睡眠中に具合が悪くなる。頭痛と吐き気で夜中に飛び起きる数日は乗り越えてこのまま行ける(生ける?)と思いきや、ある日のミーティングで、うわっ、かなり落ちそ↓↓のBig Wave が到来。周辺の監視もあるので、ステキ脳神経先生の所へ行く。

寝ると具合が悪くなるのですが、先生、キアイの欠落でしょうか?

あははキアイはあるかもしれませんね(爽)。他の原因も考えてみましょうか。たとえば、窓の横にベッドとか、寒いところで寝ていませんか?呼吸が苦しい状態で寝てるってことは考えられますか?鼻が悪くて口で呼吸しているとか、ね。冷えや酸欠状態は、血管を細くするので、miwaさんの体が反応して、頭痛や吐き気が起こしてるかもしれませんよ。

あー 寒いとこで寝てる。寒い状態で寝てる。そして唇がガビガビなのでケアのためマスクして寝てる。

さすが先生ソフトスキルもすてきだ。

医者と会うと安心して具合が一気に良くなる気がするのは私だけでしょうか。むしろ、待合室ですでに健康になってるのは、かなりのフライングか?一気に元気になったので、夜は繰り出すヒト。←調子乗りすぎ?

病は気から も侮れない ←まだキアイの欠落を押してみた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

365通りのファッションスタイル

初売り、福袋、バーゲンの獲得状況はいかがでしょうか。私は、袖とお尻が学ランテカりしたお気にのスーツと、直しても直してもヒールが欠ける寿命靴の代替品をゲト、プラス多少の無駄遣いをして、2回/年のお買い物チャンスは終了しました。もとい、ほぼ終了

「miwaさんて365着持ってますよね?同じ服見たことないです

単位を「365着」→「365通り」で考えた。もっともっとみんな持っているのでは?!コモノやメイク&ヘアアレンジをカウントに入れたら、まったく同じスタイルを繰り返すこと(服部先生化)のがむしろ難しいのではないか。

ファッションと言っても、無駄に数揃えれば良いわけでもないところが難しく楽しいところ。お買い物のテクニックと上手なアレンジで、いかに少数で多数の魅せ方を持つかがポイントでしょ。組織の四要素(人・物・金・情報)も似たようなもんで、高品質で低コストをいかに実現できるかはスキルだと思う。センスという面では、何ごとも共通しているような気がしてならないけど、ファッションで忘れたくないのは清潔感だ。単にキレイさが足りないだけではなく、やたらの高額投資、これもまたは清潔感に欠く、と思う。そうそう、過度なヲサレメン=仕事ができないダメンと思うのは私だけでしょうか。以上、私のヲサレ道。

果たしてどこからがファッションにおける無駄遣いなのか。ファッションでモチベーションをあげることを好む私としては、これを欠いたら、「働くぞ」の源をなくしてしまうかもしれない。ボーっと会社にいき、ボーっと時間に流されて何となく1日が終わるのは張り合いがなさ過ぎる。となると、無駄遣いしても「効果」があれば、有効な投資ってことになる?「無駄遣い」の定義って何だろ・・・決裁権が自分にあるショッピング。費用対効果の設定は自分で済むけど、「成果」と「報酬」の最終判断は会社。じゃあプライベートの場合は?そもそも、ヲサレ=趣味?

ともあれ。

「なにげに毎日のファッションが楽しみなんですよ」
「この間着てたファッション、好きです。また着ていらしてください!」

とコミュニケーションのきっかけが生まれると嬉しい。アレンジ力が買われ、服部先生→リカちゃん化も、だね。

明日、何着てこかな。働きマン+しゃれっ気入り

| | コメント (5) | トラックバック (0)

年初のごあいさつ

皆さま、明けましておめでとうございます。

密かなブーム、ドーナツ。人気のクリスピードーナツは、品川の「私の吉牛」に続く、私の店かつ私の時間帯を発掘した(と言うか教えてもらった)ので、並ぶことなく、思いついた時に買いに行っては、考えごとでカチカチになった頭を溶かしてます。味はシンプルなのがオススメ。ごてっとしたのは、周りの評価もイマイチなんだよね。

Donut ←これはandonandですが。そしてこれが「ごてっとした」に値するモノですw

ドーナツの甘さで連想した、昨年度評価。フィードバックの一つが「アメとムチが上手」。このような表現が、然るべき人のものであることに若干の疑問を持たずに居られないけどw、甘さと渋みって仕事にもあるんだね。とかくバランス感覚のこと?別の表現でも色々言われたけど、、、、、自信を持って毅然とバリバリ・テキパキなイメージを人に持たれても、私の腹の内は、一度下した判断に迷うし、全自信がなくなりどうでもよくなる時もある。いつも大丈夫か心配ばかりしてるナヨナヨタイプだと自己評価。でも自分を信じるのは自分、毅然とするしかっ!てのもあるか。「弱さを見せない強さ」と「強さを見せない強さ」を持っているつもりだけど、所詮人間なので、誰かに頼りたい、認められたい・・・ロイヤリティだね・・・上司の温かいフィードバックや言葉に一喜一憂しちゃう。感謝感激。テンション

いつもいつも思う。例え、本当に私が勇気があったとしても、例え、本当に他の範となる人材だとしても、一人だけで結果を出せるわけがないと。何かにつけて、自分一人の非力さを知る瞬間は少なくない。チーム力、同僚、上司や会社に守られていることを知るのだ。

御蔭様の考え方。忘れるわけなどないんだけど、所詮私は弱い人間・・・だからどんな心のスキがあるか計り知れない。良い結果が出たとしても、一人驕った態度になってしまわないように、くれぐれも注意しよ。なぜなら「私が抜ける重み」と「組織が回らない重み」は比較にならない。そのくらい私は組織の中ではチッポケな存在。だからこそ、できるリーマンは、「スーパーな歯ぐるまであること」。・・・やはり総じて優秀な環境にポンと存在する私はとってもハッピーってことだなw。

いつもたくさんのThanks&Loveと、どんなにテンパってる時でも、遊び心を持っていたい。今年もステキな1年になるよう、日夜努力と思いやりを忘れずに歩んで行こ。願わくば、デキるモテリーマンになって。今年もよろしくお願いします。

P.S
仕事の言霊を恋愛に適用する私。仕事のような「アメとムチ」「リスクを十分に把握しながら、勇気ある選択と行動」の評価が下る日は近々到来するのでしょうか。コミュニケーション内容も感覚も、恋愛においては、ノーセンス、KYなんだよなー。
いいやまず、プチ前に踏み出すか。ふぅ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »